MENU

女性にも男性型脱毛症は起こるのか?

女性でも男性型脱毛症で薄毛になるのでしょうか?
女性なのに髪が薄くなって恥ずかしいとか、年齢のせいもあるかもしれないけど、急に抜け毛が増えたなど、髪のな悩みも様々ですね。

 

 

そして、男性ホルモンが原因で起こる脱毛症がAGAですが、女性では卵巣や副腎で作られている男性ホルモンにより、毛髪を作っている細胞がその影響を受けやすい体質を持っていると、女性でも男性型脱毛症が発症すると言われています。

 

 

症状としては男性のように額や前頭部からの後退はなく、頭頂部の毛髪がやせ細り少なくなってくるのが多いようです。
ですが、最近は前頭部の生え際などの後退も指摘されるようになってきましたが、男性のように短期間で抜け毛が多くなって地肌が目立つというものではありません。

 

 

このような女性の脱毛症は、30歳頃から自覚する人もいますが、年配になってからが一般的です。
また、更年期の前後でも抜け毛が目立つこともありますが、加齢に伴う薄毛と区別することが難しいことから、分けないで治療します。

 

 

いずれにしても、男性型脱毛症は、血中の男性ホルモン(テストステロン)が毛乳頭細胞において、受容体と結合し、毛母細胞に対して細胞分裂を抑制する因子を作り出すことによって生じます。
男性では脱毛部の前頭部毛包などに、テストステロンの活性を強力する5α還元酵素U型が確認されていますが、女性の場合は受容体がその場所に存在するかも明らかにされておらず、脱毛のメカニズムは明確ではありません。

 

 

その為、女性の薄毛に良いと思ってやっている事やテレビで言われている情報が、実は全く逆だったなんて事もあるので、症状が悪化する前に正しい知識を得るようにしましょう。

 

 

このカリスマ毛髪診断士と評判の小林弘子さんの1日5分からできる【サイエ式】女性の育毛発毛プログラムでは、女性の薄毛が男性ホルモンに関係するのかなど、そのあたりも長年の治療経験から分かりやすく解説してあり、似たような症状の改善例も多数あります。

 

【サイエ式】女性の育毛発毛プログラムの詳細を見てみる