MENU

ストレスがあると薄毛になる?

抜け毛や薄毛で思い悩んでいませんか?
ストレスがあると薄毛になると良く言われますが、これは正しい説のようです。

 

 

そもそも人間がストレスを受けると、コルチゾールというホルモンが分泌され、これが細胞の老化を早める活性酸素を増加させ、髪の生成工場でもある毛根細胞の衰えを促進させてしまうのです。

 

 

また、女性の薄毛の原因の一つに、加齢による女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減り、男性ホルモンが優位となることがあります。
主に生え際から頭頂部にかけて抜け毛が増えて、同時に毛髪が軟化して地肌が透けて見えるようになる脱毛症状です。

 

 

男性に最も多いAGAと似ていることから、FAGA(女性男性型脱毛症)と言われており、40代から発症する割合が多く、高齢の方に多く現れますが、なかには20代の若い女性にも見られます。

 

 

この原因は、更年期など加齢によって女性ホルモンが減少することで、相対的に男性ホルモンが増えてくなるからと考えられています。
そして、ストレスを受けるとこのエストロゲンの分泌が減少する為、薄毛が進行してしまいかねないのです。

 

 

更に、それが睡眠不足に繋がってしまうと、症状がますます酷くなってしまう恐れがあります。
と言うのも、睡眠中は脳下垂体から成長ホルモンが分泌されますが、これは髪の成長には欠かせないもので、特に入眠直後からの3時間くらいの間が最も活発に分泌されると言われています。

 

 

ですが、ストレスで眠りが浅くなってしまうなどすると、十分に成長ホルモンが分泌されなくなり、それが薄毛に繋がることがあるようです。
女性の髪の悩みは、人それぞれの度合いも違うでしょうが、一番注意したいのは、自分一人で薄毛を思い悩んで、それ自体がストレスになるという悪循環に陥ってしまうことです。

 

 

なお、ストレス自体がなくなることなんてまず不可能なので、そこからどうやって生活を改善していけば良いのかなど、この【サイエ式】女性の育毛発毛プログラムでは分かりますので、1人で思い悩み症状が進行してしまう前に、正しい効果的な方法を知って下さい。

 

1日5分!女性の髪を自宅でフサフサにする方法!

 

【サイエ式】女性の育毛発毛プログラムの詳細を見てみる