MENU

女性の育毛剤の有効成分について

女性の薄毛に育毛剤は本当に効くのかと思ったことはありませんか?
最近は男性はもちろんのこと、女性の薄毛や抜け毛で悩む方が増えてきたこともあり、女性用の育毛剤の種類も増えてきましたね。

 

 

そもそも女性の育毛剤の目的は、頭皮の血行をを良くしたり、保湿をしたり、炎暑を抑えたりすることですが、薄毛については、改善が見られる女性もいれば、効果がない方がいらっしゃるのが現状です。

 

 

その理由として考えれるのが、髪の毛を作る毛母細胞が頭皮の奥にあることから、育毛剤の有効成分が頭皮の奥深くまで浸透することが出来ないことがあげられます。
浸透するまでに表面から流れ落ちたり、蒸発したりすることできちんと毛根まで浸透しないことが多いのです。

 

 

また、有効成分の濃度が高くなれば、それだけ効果があるのではないかと思いがちですね。
確かに濃度が高ければ浸透力も高まるかもしれませんが、その分頭皮に負担もかけてしまい、抜け毛がかえって酷くなってしまうこともあるのです。

 

 

そして、現段階で医薬品としての育毛・発毛の有効成分として効果が認めれているのはミノキシジルという成分です。
これは毛母細胞に働きかけて、髪の成長を早める効果があります。
元々は血圧を下げる降圧剤として使われていましたが、副作用として多毛症があったことから育毛や発毛成分として使われるようになりました。

 

 

最低でも半年は使い続けないと効果が期待出来ないと思ったほうがよく、頭髪以外に体毛が増える場合もあるので特に女性の場合なら副作用等も考慮する必要があります。
この他の市販の医薬部外品の育毛剤の有効成分は、植物由来の有効成分が配合されていることが多いですが、極端に濃度を上げることが出来ないので、確実に発毛させるとは言えないでしょう。

 

主な育毛剤に使われている有効成分と効能

主な有効成分

効能

センブリエキス 末梢の血管を拡張して血行を改善
アデノシン 毛母細胞の活性化を促進。
β―グリチルレチン酸 殺菌作用
塩化カルプロニウム 頭皮の血管の拡張
ニコチン酸アミド 毛母細胞の活性化

 

どちらにしても、はじめて使う育毛剤は少量ずつつけて自分の頭皮にあっているかどうか確認することが大切ですが、毛根にしっかりと栄養成分を行き渡らせる為にはコツがあります。

 

 

この毛髪診断士の小林弘子さんの1日5分からできる【サイエ式】女性の育毛発毛プログラムでは、きちんと毛根まで栄養を行き渡らせるコツが分かりますので、いくら育毛剤を使っても意味無しにならない為にも、これはしっかりやってみて下さいね。

 

女性の髪の悩みを根本から短期間で解消します!

 

【サイエ式】女性の育毛発毛プログラムの詳細を見てみる