MENU

薄毛が進行している人ほど抜け毛が少ない

薄毛が進行している人ほど抜け毛が多いと思っていませんか?
実は、その逆で進行していない人ほど抜け毛が多いのです。
髪が増える時には、脱毛が増えることが多く、減って増毛する方はいらっしゃいません。

 

 

とは言え、薄毛が表面化する時に抜け毛が増えると感じている人が殆どでしょう。
それには髪の毛の生え替わる成長サイクルを知ることで分かります。

 

 

1本の毛は成長して退行期から休止期に入り、育たなくなると次の毛に押し出されるようにして抜けます。
その後に、4か月程度毛穴内部で成熟してから生えてきて成長していくのです。

 

 

しかし、薄毛が発覚する前には毛が成長しなくなって、次の毛が育たずに頭皮に刺さっているだけになってしまうのです。
この状態の時には、頭皮の栄養状態も悪くなってきており、代謝も低下している上に、押し出す次の毛がない状態になってしまうことから、薄毛が表面化する前には抜け毛が目立たなくなってしまうことが多いのです。

 

 

すると、次第に刺さっているだけの毛が増えてきて、いつも通りカラーをしたり、シャンプーや育毛剤などのケアをしたり、転職など生活環境の変化などがあると、それらの刺激に反応して、刺さっている毛が一気に抜けるのです。

 

 

自然脱毛と抜けずに残っていた毛が合わさって抜けるので、薄毛が発症する際には抜けが多くなると感じるのです。
後に残った毛は頭皮の栄養状態が悪くなっているので、細い毛や短い毛しか育ちません。

 

 

こうして薄毛が目立ち始めるのです。
ここから先は、抜け毛が減り量も少なくなっていきます。
したがって、薄毛が進行すればするほど生え替わる、維持できる本数も減ってしまうのです。

 

 

これが薄毛が進行している人ほど抜け毛が少ない理由です。
このことから、髪を増やすには、あなた本来の毛に育つように、きちんと生え替わりが繰り返すことが出来るような頭皮と心身が大切だと言えるのではないでしょうか。

 

 

そして、これは人の体に例えれば、疲れが溜まって寝込んでいる状態にあたります。
頭皮と心身が弱って疲れているから、毛細血管などの血の巡りが悪くなっているのですね。

 

 

頭皮も体と同じで、疲れている時に何とか発毛させようとして育毛剤などを使うと、かえって頭皮に無理強いする結果になり、更に弱らせてしまいご自分の頭皮の力で血を巡らせることが出来なくなってしまいます。

 

 

栄養を与えればいいと考える人も多いですが、皮膚は外部からの異物の侵入を防ぐ第一関門でもあり、無理に与えようとすると頭皮を痛めてしまうなど、逆効果になりかねません。

 

 

実際に、育毛剤などで何とかしようとしてきた人の頭皮を見ると、赤くなっていたり、荒れていたり、フケ症になっていたりと、何らかの異常が出ていることが少なくないので注意しましょう。

 

 

きちんと毛根に栄養を行き渡らせる秘訣をお教えします!

育毛剤を使用して、生活習慣にも気を配っても改善しないあなたへ

 

【サイエ式】女性の育毛発毛プログラムの詳細を見てみる