MENU

女性ホルモンのバランスによる脱毛

女性の抜け毛や薄毛での産後脱毛で悩む方も多いようですね。
出産後は、妊娠中よりも女性ホルモンが減ることで抜け毛が増え脱毛する場合があります。

 

 

この女生ホルモンは、毛細血管を拡張させ毛髪を成長させる働きがありますので、ヘアーサイクルが長くなり髪の成長期が伸びます。

 

 

特に、妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増えヘアーサイクルが長くなることで、抜け毛などの脱毛が減ります
ヘアーサイクルは、成長期、移行期、休止期とあり、出産後は、女性ホルモンが正常の状態に戻ることで、これまで成長期が伸びていた髪は、一気に移行期、休止期へと変わり、抜け毛がかなり増えることになります。

 

 

この産後脱毛は、出産後、長いと半年近く続くこともありますが、ホルモンバランスの影響による一時的なもので通常は半年から1年程度で元の状態に徐々に戻ります。

 

 

このようにホルモンバランスの崩れから薄毛や抜け毛が起こると思い込んでいる人も多いです。
ですが、産後での脱毛なら、女性ホルモンのバランスによる一時的な脱毛です。

 

 

また、40歳以上の更年期前後での年齢により女性ホルモン分泌量低下により男性ホルモンが増加して、男性型脱毛症に近い状態になることもあるといわれていますが、医学的には解明されていません。

 

 

薄毛に悩むあまりホルモン注射や、ホルモン薬をする人もいますが、体毛が増えたりと副作用がでる場合もあります。
また、高いお金をかけて行ったとしても、必ず髪が生えてくるということはないようです。

 

 

それより、生活習慣、偏食、過度のストレス等によりホルモンのバランスを崩して薄毛が進行してしまうケースの方が多いようです。
女性の薄毛の原因や悩みは人により違うと思いますが、注意すべきことは、自分で薄いと思い悩みストレスを溜めてしまうという悪循環に陥ることです。

 

 

ですが、男性の脱毛に比べて、女性の薄毛は生活改善や基本である頭皮を健康な状態にする事でかなりの高い確率で回復します。

 

 

どのタイプの女性の薄毛も根本的に解消する育毛発毛法!

 

【サイエ式】女性の育毛発毛プログラムの詳細を見てみる