MENU

頭皮のツボ押し

髪に有効な頭皮のツボをご存じですか?
頭皮のツボ押しやマッサージをは、頭皮の血行も良くなり髪の悩みの解消に有効な、自分で出来るヘアケア法ですね。

 

 

そもそも、人間の皮膚というのは、重力によっていつも下に引っ張られており、これが原因で歳をとると肌の弾力がなくなり、しわが出来たりするんですね。
中でも、髪が生える頭頂部は、体のてっぺんですし、脂肪や筋肉といった他の皮膚とは違う為、尚更、重力によって下に強く引っ張られています。

 

 

その結果、髪が生える頭皮が次第に弾力がなくなってきて、硬くなってくるんです。こうなると当然頭皮の血行も悪くなり、髪に必要な酸素や栄養分等が十分に毛根に届かなくなり、弱々しい髪が生えたり、髪が細くなったりと生えにくくなってきます。

 

 

また、頭皮は血管が頭蓋骨と皮膚に挟まれて潰れた状態になっており、頭皮が硬くなっていると尚更血流が悪くなってしまうんです。

 

 

そこでお勧めなのが頭皮のツボ押しです。

髪に効果があるツボは、「百会」「頷厭(がんえん)」「天柱」があります。

 

百会
両方の耳の上端を結んだ線と正中線が交差するところの頭頂部に位置し、耳の上側を親指で押さえ、中指を頭頂部に伸ばして両方の中指がつながるところを、中指を立てて押します。

 

 

頷厭
こめかみあたりに位置しているツボで、額の角から指1本分ほど髪の生え際より下がった、くぼんでいるあたりになります。ここを指の腹で、5秒程度ゆっくりと揉むように押します。

 

 

天柱
後頭部の首の後ろの髪の生え際に、僧帽筋という2本の太い筋の両側あるくぼみに位置します。後ろから両手で頭を包み込むようにし、左右の親指を当てて同時に押し上げるように頭の中心に向かって押し上げていくようにします。

 

 

髪が細くなり分け目も目立ってきたなど、髪が薄くなってくると、あれやこれやとやってしまいがちですが、せっかくの髪のお手入れもやりすぎていたり、間違っていると逆効果になってしまいますので、これらのツボを息を吐きながら指の腹を使って、垂直になるように押すようにしましょう。

 

 

また、頭だけでなく、首や肩のこりもほぐすことも髪には良いので、普段からストレッチなど全身のこりをほぐして、血行をよくするようにしましょう。
なお、毛根にしっかりと栄養成分を行き渡らせる為には正しい順序と方法があります。いくら育毛剤をしても無意味になります。

 

 

きちんと毛根に栄養を行き渡らせる為の秘訣とは?

 

【サイエ式】女性の育毛発毛プログラムの詳細を見てみる